スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知ってるか?赤は雀ゴロの象徴なんだぜ?

なんかこのブログでは、抽象論や妄想ばっかり書いてるので
たまには具体的な戦術論とか書いてみよう。







鳳凰卓で打つようになってから、先切りに引っかかって放銃するケースが増えたように思う。
特に対リーチに対しては顕著で、その中でも、4・6切りに対する3・7切りで放銃が多いような気がする。

フリーで打っている方はこの時点でピンと来るかもしれないが
それは赤ドラが絡んで発生する事象だ。

四筒四筒五筒赤
五筒赤六筒六筒

と持っていた場合、四筒ないし六筒を先に外して赤を使い切るように固定するのは、割と一般的な手筋だと思う。
特に鳳凰卓では、見切りが早く手牌をスマートにするような打ち手が、特上までよりも多いはずなので、その割合も増える。
捨て牌から安全牌を選択する時に、頭の片隅に置いておくべき事柄だと思う。
当然その際には、自分から見えている赤牌を考慮に入れる必要がある。


逆に、前半に5が切れている場合はどうだろうか?

四筒五筒五筒
五筒五筒六筒

から五筒を切って両面に固定するようなケースは無くは無いだろうけれど
上記の四筒四筒五筒赤 ・ 五筒赤六筒六筒に比べれば相当に割合が少なくなるはずだ。
当然、五筒赤の受け入れを考えるからだ。

そうなると、5が孤立牌である可能性が和了るので、3-6・4-7での放銃率は(相対的に)低くなる。


これらの事って、雀荘(特にチップ5000点相当)で打つ時にはかなり意識をしていたんだけど
天鳳で打つようになってからは、赤への意識を減らすようにしていた。

だが、完全順位制だからといって、赤による打点向上メリットがスポイルされるわけでもないし
鳳凰卓の打ち手達はそういった「基本的な」部分の習熟に優れているので
こういった部分も一応考える必要があると思う。


自分の引き出しの奥で埃を被っているセオリーに、もう一度光を当てている気分だ。
今後はこういうのが増えていくんだろうなぁ・・・


さて、今日の実戦譜でこの内容をおさらいしてみよう。




【早い5切りのマタギ筋は少ない!】


5切り






え~と・・・
ま、まぁこういう事もあるよね!

このケースの場合
面子候補が愚形だらけで、とにかく横に広げるような手筋でこうなったらしい。

「イレギュラーは付き物」

という事にして、次行きましょう。




【4・6切りは赤マタギを警戒しろ!】



4切り





極端すぎる。

どういう手筋だよ。我ながら意味分からん。(自首しちゃった!)






【結論】

戦術論とかだいたい無理。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

赤が見えない時は先切りにも注意なんですね先生!

No title

>このきーさん
う、うむっ!
ぶっちゃけわかりません!!

No title

下のは牌譜検討に出して頂いたやつですねw
36pが1枚も山に無いのには驚きました><

No title

>奈落さん
その節はありがとうございました(*´ω`*)
誰も積極的な攻撃の意思表示をしていないんで、もともと和了難い局面だったような気もします。
ここのリーチにはまず押してこないでしょうし。
プロフィール

巷の打ち手

Author:巷の打ち手
その名の通り、その辺にいる打ち手です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。