スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あなたはただチートイに逃げてるだけなのよ!!」

11.jpg



ある方に

「これ、俺だったら一索打ってタンヤオ移行するかも」

というご意見を頂いた。
なるほど、確かに面子手での和了率を考えた場合、この形からでも仕掛けを想定した方が和了れそうだ。
ドラ2なので、多少無茶な鳴きをしても割に合うかもしれない。







私としては打四萬の時点で面子手は見切っていたのと、一索の守備力、及び相対スピード的に間に合わなそうだったのを加味してチートイに決め打っていた為、「私の」手順としては特に問題は無いのだが

四索を残す事による面子手移行との比較」

を怠った事は、明確にミスだろう。
手筋に方向性を持とうとするのは良いが、それを理由に思考停止してしまってはいけない。


12.jpg




同じゲームでやはり無理矢理チートイに向かっている場面。

「えっ・・・ まだ全然面子手あるし、チートイ見るにしても一萬打ってから向かえるじゃん。それをわざわざドラソバから、しかも赤の重なりも無視した打五索とか。普通に悪手でしょw」

とか無粋な指摘をする連中は、まとめて埋めておいた。

これも、打二萬の時点で、「嫌だな、打たされてる感が凄いな」と思ったので、無理矢理自分で方向性を規定する事で、大怪我をしないようしたんだけど(かなり意味不明だな)
それだって上のパターンと同じで、和了率とかとの兼ね合いを考えないといけない。


どうも私は、自分が和了れないとか間に合わないと思うとチートイに逃避する癖があるらしい。
なんつーか、手を崩す理由をチートイに転嫁するというか・・・

たぶんだけど、私がチートイを狙った時の和了率は相当低いはずだ。
もちろん、その場合の放銃率も低いだろうけど、陰で和了れていたはずの面子手が相当数あるだろう。

今後は「和了れないな」と思った際の選択肢の中で、面子手をきちんとクローズアップするようにしよう。
守備力の高い構成面子があったりだとか、他家の動向で鳴き易そうだったりしたら、むしろ面子手の方が安全になるケースだって多くあるはずだし。


う~ん・・・
最初の方の記事なのに、こんなんで良いんだろうか・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログ開設おめてむ(*´ω`*)
私もチートイ決め打ちを多用するほうで、よく検討会で決め打ちが多くて効率悪いと指摘されます><
下の手牌は7巡目でまだ0面子なため、面前で4面子をここから作るのは相当運がないと無理なため
決め打ちしても問題ないと見てしまいます。
それにしても、もう牌画の使い方をマスターしてらっしゃるとは。。。
さすが巷さんだ(*´ω`*)

No title

みやすくていいですね

こんな比嘉・・・日が来ようとは夢にも思いませんでした(*´ω`*)
毎日チェックさせていただきます(*´ω`*)

No title

>最速さん
ありがとうございます(*´ω`*)
最速さんもおめでしたw
まさかの最速さん擁護キタ――(゚∀゚)――!!
逆に今後どうすれば良いかわからなくなったりw
天鳳の場合、守備を考えた決め打ちが有利になるケースが、一般的な麻雀より多くなると思うんですが
やはりそれも他の選択肢との兼ね合いなので、その場その場できちんと判断できるようになりたいものです。
牌画は超適当にやってます。
ホントにこれで良いのだろうか・・・
>まっくろぺにすん
なんか突然普通に話し始めてビビった。

No title

>じんせんさん
そのネタ私のだから止めて下さい(´・ェ・`)
毎日は書けないと思いますので、適当にご覧になって頂ければと存じます(;・∀・)

No title

スヌーピーブログと聞いて応援にきましたお
 ________  _______     .        __
|_____   ./ |____    ./       | ̄|  / / ◎
       / /     /\/  / ____  .|  |/ /    ____
     / /      \   /  |____| .|   /     |____|
    /   \       /    \ .          |  /
  /  /\ \   /  /\  \         .|  |____
/  /   \ \ .\./   \/         .|_____|
 ̄ ̄       ̄

No title

>ちゃら。さん
こんなんどこから引っ張ってくるんですかw
でも、開店祝いのお花だと思っておきます(*´ω`*)

No title

おいすおいす( ^ω^)
クイタンマンなのでチートイは苦手です。

No title

ブログ開設おめです!
          ,, _ 
       /     ` 、
      /  (_ノL_)  ヽ
      /   ´・  ・`  l
     (l     し    l)
.     l    __   l
      > 、 _      ィ
     /      ̄   ヽ
     / |         iヽ
    |\|         |/|
    | ||/\/\/\/| |

No title

ブログ開設バンザイ!
バリバリ更新してくれるの期待してます。

No title

チートイは保険つか、まわりやすいので、オリを念頭に置きつつまあアガれればラッキーみたいな感覚で狙うことが多いですよね。それなりに破壊力あるし。好きな役の一つです。

No title

きた!巷さんブログきた!これで勝つる!

No title

ブログ開設おめです(゚д゚)
チートイって人によって考え方がかなり変わりますし、なにか染め手のような特殊さがあって好きですね~
下の画像については守備思考なら5s、攻撃思考なら1mって感じですね。
現時点でそこまで守備力が低いとは思わないので、1m、5sどちらでもありだと思います。
個人的には1m切りそうですが、5s切りのほうがなんか好きですヽ(*´∀`)ノ

No title

任意に抜き出した30牌(配牌13枚+ツモ17枚)を使って作れる手役の割合い。高いものから順。
1位 平和
2位 七対子
3位 タンヤオ
じつは七対子はタンヤオより高く、出来る率もほぼ倍です。ただ、タンヤオは鳴きを使えるし、七対子には手順が存在しないので、実戦では両者の差は逆転するでしょう。それを差し引いたとしても、七対子のチャンスは常にあるわけで。牌を重ねる技術は極めておくべき技のひとつでしょうね。実際には重ねる以前に重なる場なのか?という「偏りを見抜く」技術ですが。
というわけで、遅ればせながらブログ解説おめ!(≧∇≦)

No title

あ、いきなり誤字とか・・・せっかくの船出に ( ̄ω ̄;) スマヌ

>このきーさん
大物(色んな意味で)ブロガーのこのきーさんにいきなりコメント貰えるなんて、頭がフットーしちゃうよぉっ!!
私は、仕掛けた後の手組みや守備が苦手なので、意識して遠いタンヤオは避けているのですが
明らかに最強の武器の一つではあるので、いつまでもそうは言ってられないな、とは思ってます。
クソ鳴きクイタン⇒守備 に関しては、このきーさんは天鳳でトップクラスでしょうから
「このきーさんの手筋」として、例えばこういった手牌からタンヤオに行くのは強いんでしょうね。
>ずしさん
あり(*´ω`*)
なんかそれ、ずしさん似てますねw
>マスオさん
バンザイ!
バリバリは難しそうですが、やれるだけやろうと思います(*´ω`*)
>ひがさん
チートイは「分散を小さくする」という方向に適した狙い役だと思っています。
聴牌率(=和了率)はそれほど高く無いけど狙いやすく、打点はそれなりに見込めるという。
ただ、私はチートイ作るのが苦手なので、比較的嫌いな役だったりしますw
センス無いんだよなぁ
>とんぷくさん
来たけど、いきなり去るかも!
勝てる気はしない!!
>ポポさん
ありです(*´ω`*)
チートイの扱い方には、個性が出ますよねぇ。
鳴き技術が先行してクローズアップされている天鳳界ですが、今後アンチテーゼとしてのチートイが着目されるかもしれませんね。まだ未整備な部分なので。
下の画像だと、私が一番イヤだったのは
「面子手で何となく向聴数を上げて、攻撃の渦中に晒される事」
でした。
聴牌しても大した打点や待ちにならなそうだったので、和了が見込めるような状態になってもメリットが少なそうですし
聴牌したら曲げる「べき」だし、聴牌が近くなった向聴数を上げる「べき」なので
初めからその可能性を断ってしまう事で、「死ににくい方向性」を確立しようとしました。
まぁ、和了が最強なのが現実ですので
そっち方向のアプローチも、今後ちゃんと見ていきたいですね。
>アンコロさん
ありがとうございます(*´ω`*)
牌構成におけるチートイの優位性というのは、アンコロさんに教えて頂いて初めて現実として実感しました。
鳴きが使えない事や、受けの狭さのデメリットを加味したとしても、「絵合わせ上の真理」は揺るがないわけで
そのあたりを正しく斟酌して手役選択できれば、選択の幅は広がるでしょうし、それはアドバンテージに成り得る、という事でしょうか。
いつもアンコロさんが仰っている、「手牌を相対的に捉える」といった部分を学んだ時に
チートイはその恩恵をダイレクトに与れる役なのでしょう。
逆に言うと、学習過程における試金石的な役なのかもしれませんね。
とりあえず今の私は、それ以前の基本的所作を学ばなければいけない段階なのですが
こういった要素も先に見据えて、精進したいと思います。

No title

上は、割と2や8は鳴きやすいと思っているので、タンヤオ移行を目指します(*´ω`*)
下は、七対以外じゃ和了りが見えないので決め打ちますね。
ブログ開設おめおめ。

No title

>廉太郎さん
ありあり(*´ω`*)
これ、廉太郎さんの御指摘を勝手にネタにしてますw
下はチートイなんですか!
やはり仕掛け=タンヤオが絡むかどうかが大きなファクターなんですねぇ。
もっとタンヤオへの意識を強く持った方が良いんだろうか・・・
私はそれやると失敗しそうですが、やらないと上達しないもんなぁ
プロフィール

巷の打ち手

Author:巷の打ち手
その名の通り、その辺にいる打ち手です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。