スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコアスティックマスター

ネット麻雀では無縁だが
雀荘等で麻雀を打つ時には点棒が欠かせない。






4人打ちで一番多いのは、25,000点持ちだろう。
点棒箱には大抵

一万点棒×1本
五千点棒×2本
千点棒×4本
五百点棒×1本
百点棒×5本

が入っていて
合計で25,000点になる。

ネット麻雀に慣れると、点棒のやり取りが煩わしいという人も多いと思うが
私は大好きだ。
どちらかと言うと払うのが好きだ。

べっ、別に当たり牌がわからなかったわけじゃないんだらね!
点棒支払いたいだけなんだからっ!!

と、いうことは当然無い。


美しく点棒が払えた時は嬉しいし
全体のバランスが大きく崩れると気持ち悪い気分になる。

両替は誰よりも早く動くようにしている。
打ち込んでいる時は、手元をまったく見ないで一瞬で千点棒を5本取り出せた。
私はそういうのに悦を感じるタイプなのだ(キリッ


さて
点棒の払い方にはいくつかセオリーがあると思っていて
その中で少し注意が必要なケースを書いてみる事にする。

これらは完全に私の趣味と主観の話なので、ガチで批判とかしないで頂けるとありがたいですw

基本的に配原での状況を想定する。
局が進んだら臨機応変に対応する必要があるけど、それはケースバイケース過ぎて書けません><



■ 1300・2600ツモられ


これは一番メジャーかもしれない。
点棒支払いの教科書に出てきそうなパターンだ。

1300
1500⇒200バック
5100⇒2500バック

と支払う事で、卓上には5200のみが残るという素晴らしい様式美。
だが、そうならない事の方が多いと思う。

子だった場合
もう一方の子がどのように支払うか確認してから払うのだが
私は千点棒と五百点を親指と人指し指で掴み、百点棒を3本握りこんだ状態を作ってしまう。
もう一方が1300で払ったら、先端側の点棒だけを置き
1500だったら五百点棒を抜き取った上で、手の中の点棒を全て置く。
親の人が2600を出してきた場合は、五千点棒を出して3700バックを貰う。
そういう人は常に細かいジャストを出そうとするので、マークしておいて次局以降の支払いに備える。

親だった場合
何も考えずに5100点を握っておくのだが
子の両方が1300出してきた場合は、百点棒は出さずに2400バックを貰う。

親が2600を出した場合の対応を気にしている人は、メンバーとかにも余り見かけない。
「1300+1500+5100」というセオリーのみを頭に入れていても、あまり意味は無くて
他家の動きを見ながらその場その場で払い方を変えるのが大事。
終局した後も他家の動向に目を光らせておくのだ!!(大げさ)



■ 700・1300ツモられ

ツモピンフに裏が乗らなかった事に安堵しつつも
払い方を考える方向に頭を切替えよう。

700
700
2000⇒700バック

がキレイだと思う。
他家の払いをそのままバックに回せるのが良い。
「親は1500出すべき」派とは、ここ数十年間血で血を洗う抗争を繰り広げている。

自分が子だった場合で、親が1300を出したら1000で払い
自分が親で子のどちらかが1000で出したら1300で払おう。



■ 4000オールツモられ

4000点で払うのは論外として
五千点棒が3本出てくる状況をよく見かけるが、あまり関心しない。
ひとりが五千点棒を5本持っているのはいただけない。

なので
私は大抵一万点棒で支払い、6000バックを貰う事にしている。
これならバランスはさほど崩れないし、
基本的な考え方として一万点棒というのは点棒を持っている人のところに有った方が良いと思うのだ。
一万点棒は一番潰しの効かない点棒なんだから、潰す必要の少ない人の所に移動してしまった方が後の卓廻しがスムーズになる。



■ 2600オールツモられ

ひょっとすると、一番卓上が荒れ易いパターンかもしれない。
全員が2600で払ってしまうと目も当てられない。

2600
2600
5100⇒2500バック

が良いとは思う。
他の人が五千点棒を出している場合は、ジャストを出す。

3000点を出すのは一見妙手に見えるが、実は悪手。
百点棒バランスが崩れやすく、貰い手側の手間も多い。
注意しよう。



■ 1300オールツモられ

ここまで来るとお気付きだと思うが
「満貫にならないピンフツモ」
はやっかいな数字が多い。
手が倒された瞬間に順子だらけだったら、警戒が必要だということだ。

1300
1500⇒200バック
2000⇒700バック

が好み。
親が点棒箱から出すのは百点棒1本のみ。
これは割れにくいパターンなので、1500か2000を出しておけば大丈夫な気がする。



■ 2600放銃

これは引っ掛け問題で、実はジャストが良い。
3100や5100で払いたくなるが
前者は千点棒バランスが悪くなり
後者は受渡し本数が増えすぎて効率が良くない。

点棒支払いに慣れてくると「600点」に対して百点棒を出したくなるが
全てのケースでそうでは無いという好例。


■ 7700放銃


これは昔から議論があって結論は出ていない。
よく大学生の卒論テーマになる。

・ジャスト7700
・10200⇒2500バック

が考えられるが、一長一短だ。
やり取りする本数は、共に6本で差は無い。

7700は一度で受渡しが済むが、本数的なバランスが崩れる。
10200はバランスは崩さないで済むが、バックする側が手間取る可能性がある。

上に書いた「一万点棒理論」により、個人的には10200が好きだが
相手に手間を強制するのがネックだ。

相手を見ながら考えるべきなのかもしれない。



■ 32000 or 36000 or 48000放銃


トビ終了ルールかつトビ用点棒を備えている場合
できるだけ普通の点棒で支払わずに、次の対戦で点棒合わせが簡易で済む状況を作る。
箱下計算が無い場合は、全てトビ用点棒で支払うのが望ましい。

「チップは清算に込みます(キリッ」

と言うのも忘れずに。
清算ポイントは少ない方が良いのだ。







まだたくさんあるけど、終わらなくなりそうなのでこれくらいで。
なんだか説教爺さんみたいな内容になったなぁ・・・

いずれ点棒とかも無くなっていくのだろか?
そうなったら本当に寂しいな。

こういう下らんディティールで遊べるのも、ゲームの魅力だと思う。
RPGのミニゲームにハマるみたいなものかな?(多分違う)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リアル慣れしてない自分には

だいぶためになりました(^ω^)ためになりましたとは言え、
実践でちゃんと使えるかと言えば、結局慣れないとムダに多い
本数の点棒でやりとりして他家には「なんだこいつうぜぇ」とか
内心思われたりしそうですが(;´∀`)
ネットでは打ち慣れてるけどリアルではあまり打たない人には
非常に参考になる記事だと思います(・∀・)

No title

生まれて10年くらい麻雀に関わってるんだけど、五百点棒を見たことが無いです。
百点棒が10本が俺の地域じゃ主流(?)でした

No title

3900放銃→支払い千点4本→その後放銃者がリーチ→「両替お願いします」
という流れにブチ切れそうになる僕は麻雀向いてませんねそうですね・・・
ちなみに僕は7・13の場合は常に、
700・1000(300バック)・1300
が一番スマートだと思うのですがどうでしょう?
あと、一万点棒理論でいうと6000オールの場合は、
6000・6000・11000(5000バック)
がいいんですかね?

No title

一万点棒、500点棒のあたりが面白いです。
5000、1000、100だけでは煩わしいから、
支払いを楽にするために追加された、というイメージなんですが、
それを全員がジャストで使ってしまうようではマスターには近づけない。
あくまで点棒支払いを助けるものとして利用する。
新しいものを漫然と使うだけでは本当の進歩とは言えない、といういい例だと思いますね。
天鳳以外のネットマージャンや、
ゲームセンターのオンライン麻雀で、
和了後の点棒の受け渡しのアニメーションが見られるんですが、
点棒が全員とも完全ジャストで受け渡しされているのを見ると
「あれ?」と思ってしまいます。
特に積み棒関係とか。
視覚的にわかりやすい、という点ではいいと思いますが。

No title

自身の箱の中の点棒の本数を基準にしてるので、
7700放銃  のケースではあえて 5千点1本+1千点3本 を渡して
100点棒3本をもらうケースもありそうです。(100点棒が不足気味の場合)
相手の点棒の本数まではおそらくアタマ回らないので、100%ベストの授受はできそうにないけど、こういう配慮は意識しておきたいので、改めて勉強になります。

No title

>コメさん
う~ん、これあんまりためにはならないと思いますw
だって、完全に趣味のお話なので。
常識の範囲を逸脱しなければ、問題になる事はまずありませんし。
「こういうところに意識を置くのも面白いですよ」
という提案程度に読んで頂ければ幸いです(*´ω`*)
>とどろーさん
マジすか!
それは地域性の問題なんでしょうかw
>いずむさん
そういうのはしょっちゅうありますよねw
私はあまりに遭遇しまくったので、慣れてしまいました。
こういうのは自分の美意識とかの問題ですので、自分だけちゃんとできれば良い、という事で。
700・1300の払いは、そっちの方が主流だと思います。
私は「誰かの払いをそのままお釣りに回せる」という形が好きなので、あの方法を書いています。
6000オールの時はそうやってますねぇ。
一度上記の理由で、12000渡して6000バックとかやったことありますが
流石にダメだと思って、止めましたw
>アルミグラスさん
結局使うのは人なので、考えるべき部分は放棄してはいけないとは思いますね。
自動和了や自動理牌なんかも然りです。
機能は機能として利用しつつ、自動化した部分の隙間に思考を落としてはいけない。
点棒の受け渡しアクションで、きちんとバランスが考えられてたら凄いですねw
そもそも、そんなアクション必要あるのかな・・・?
>ぐぅぐぅさん
局面が進むと色んなケースがありますね。
4000オールに5000点棒を出すのがまずいケースが多々あります。
基本は基本として知っておいて、臨機応変にやれないと意味無いですね。
プロフィール

巷の打ち手

Author:巷の打ち手
その名の通り、その辺にいる打ち手です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。