スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ども、戦術ブログでっす!

当ブログは戦術ブログです。

皆さんはお忘れかと存じます。
なんせ、 私も今知った。

なので、ここは戦術ブログらしく、画像を貼って考察とかしちゃうわけです。
天鳳ブログの王道ですね。(天鳳ブログでもあったの!?)






【小癪×2】




ラグ




この三筒に、たっぷりとラグを使用。
せっかく河に筒子が無くて筋待ちなので、筒子をマークして貰って和了り易くしようという算段。

リアルでやったら撲殺されかねない行為ですが、ネトマではディスプレイ相手なので堂々とコシります。
ネット弁慶の亜種ですね。むしろ本流か。




和了選択




そんで、流局間際に三萬をツモったのですが
周りはオリてるっぽいしノミ手なので、和了らないで流局させてみました。

万が一親が海底でツモったら

「いや~、ごめん。俺やっぱさっきツモってたわ(笑) 400・700の2本付けね」

とか、北千住に昔あった雀荘の常連のような事を言って(実話)全てを無効化するつもりでした。


なんか麻雀でこういう事ばっかりやってると、どんどんダメになるような気がしますよね
(*´ω`*)





【逆転ビジョン】


ビジョン




これは 某鶏肉好きの九段に検討して頂いた状況なんですが
彼はここで九筒を打つそうです。

確かに、和了るんなら満貫以上無いと意味が無い局面。
条件を満たす可能性を少しでも上げる為に、ここでタンヤオの芽を残しておくべきに思えます。

打点を狙う限り、七筒が入っても九筒を打つ事になりそうですし。

私はラスが絡む局面・条件だと、ある程度立ち回りを計算できるのですが
トップ取りになると、途端に頭が働かなくなってしまいます。
天鳳の事ばかり考え過ぎて、麻雀が下手になっているイメージですね。

その場その場できちんと条件をインプットして、個別に考える必要がありそうです。



ビジョン2






その後七筒が入って四萬を打ってしまった場面。

「あれ?なんかおかしいな??」

と思いつつも、四萬を手に留める事ができませんでした。
ここで2つ目の疑問手を打つわけです。


SNSの方には何度か書いているのですが
アンコロキングさんのブログの中に、こんな記事があります。

アンコロキングblog「修正モード」より

以下転載


ここで何がだめかというと、ミスを二つ重ねちまってる点だ。 致命傷はたいてい複数のミスから生じる。だから大事なのはミスを犯さないことより、二次ミスを防ぐことだ。はなからミスを犯さないのがベストだろうが、あまり完璧さを意識しすぎると、一つ目のミスに捉われ、かえって二次災害を引き起こしやすい(おれの場合だが)。

不確定な未来に対して常に優位性を保ち続けようとする場合、重要になるのは一貫性だ。ここでは、前巡に7m先切りをし損なった以上、この7mは行かない。というのが本来の自分のフォームだろう。


転載終わり。



「ミスを重ねない事」
「一貫性を持つという事」

についての記述です。
非常に共感している文章で、今でも肝に銘じています。(毎日ミスを重ねてるけど)


さて、この場合はどうなんでしょう?


九筒を残した事は、私にとってミスでした。
2枚目の場面でさらに残してしまっていますので、これは「ミスを重ねた」状況なのか?

それとも、最初の場面で残した以上、次も「一貫性を持って」残すべきなのか?


私としては、そのどちらでも無いと思っています。
なぜなら、この時の私は「自分が何をしたいのかわからなかった」から。

ミスというのは
ある基準なりビジョンなりを設定した時に、そこから逸脱する事を言うのであって

ビジョンが無ければ、ミスはできないのです


そういう意味で
この時の私は問題外だったという事になりますね。
「ミスもクソも無い」と言うかw







結果オーライ






麻雀の怖いところは、こんなフワフワした事やってても結果はついてきたりするところです。

負けた牌譜はもちろん
勝った牌譜も批判的に見ないといけませんね。




・・・うん
やっぱ戦術とか具体的なのは無理なんだな(;・∀・)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

俺も9p切りそうです。
鶏肉も好きです。

No title

最近放銃ばかりに目が言っていましたがこの日記で打点向上の重要さを勉強させてもらいました。

No title

「ビジョンがなければミスはできない」ってのがいいですね。その通りだと思います。俺はそのところを「根拠」とか「理由」とかいう言葉で表現することが多いです。
俺は1枚目の画像では「98p払えば大して受け入れは減らずタンヤオの目が増えそうだ」という理由で98pを払う。
だが実戦では打つまでにそこまで考えが及ばず4mを切ってしまった。
2枚目の画像では「7pが入ったなら受け入れが圧倒的に広くなる。平和のみではツモ裏でも届かないが、4mを残すよりは他家からリー棒が出た後の平和のみツモ裏条件の方がまだ有利だろう」という理由でここでは4mを切る。
一回ミスったと思った後でも、次のツモ番になって状況が変わればその状況における最高のビジョンを新たに探すので、俺の麻雀に一貫性は全く存在しません。

No title

ホッケ最強。

No title

まっくろぺにすんべじたりあん

No title

>このきーさん
やっぱ9pですかねぇ。
鶏肉「も」て。どんな前提がw
>青春さん
いえ、これはそういうお話じゃありませんw
「常に場の前提は変化してるんだよ」
っていう自戒です。
>民芸さん
う~ん・・・
「ビジョン」も「一貫性」も、表現としてかなり危うい言葉なんですよね。
「設定したテーマから逸れないように、一貫性を持つ」
「その時々でベストの選択をするから、一貫性もクソも無い」
これ、両方正しんですよ。きっと。
ちょっと一度整理しないといけないかもしれませんね。
>ゼットンさん
なにその一貫性。
>まっくろぺにすん
結構肉とか食べてそうなイメージだけどね。
プロフィール

巷の打ち手

Author:巷の打ち手
その名の通り、その辺にいる打ち手です。

最新記事
最新コメント
リンク
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。